Ruise Bの日々
アフリカでオリジナル製品を作るRuise B (ルイズビィ)小澤のブログです。静岡七間町にお店があります。


プロフィール


ruiseb

Author:ruiseb
FC2ブログへようこそ!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (147)
お店のことや色々 (25)
アフリカのこと (7)
たまには真面目に (15)
メディア 講演会 (27)
イベントのお知らせ (10)
プライベート (20)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


2016.02.09  ルワンダ 「ワンラブプロジェクト」に寄付達成 <<15:16






昨年よりRuise Bで取り組んで来た
小さなプロジェクトが実を結びました。


それはルワンダで活動する「ムリンディワンラブプロジェクト」への寄付です。


通称 ワンラブは、様々な理由で手足等を失った人々に対し義足等を無償提供するNGOです。
96年より日本人女性である真美さんと夫のガテラさんがルワンダに暮らしながら懸命に続けています。



94年に起こったルワンダ大虐殺では100万人が殺されると共に
多くの人々が身体に危害を加えられました。
それは障害として残り、生きていく上で「一生のハンディ」を抱える結果を生み出しました。


私は同じルワンダで活動する事業者として、この根の張ったワンラブの事業に強く感動し、
特に同じ日本人女性としてワンラブの真美さんを尊敬しています。



Ruise Bがアフリカで作っている製品は、契約生産者への生活支援に繋がっていますが、
昨年発売開始した一部のオリジナル商品に関しては日本で制作しているものもあります。
そこに本来のRuise Bの理念を加えてゆく必要があると常々考えていました。



私がこの仕事に出会う前、
「ただモノを売る仕事に、やりがいを見いだせない」という悩みを抱えていました。


そんな時に出会ったのが、この仕事です。(Ruise B)

「現地への寄与が直接できるこの仕事なら、売る意味が見いだせる!」

そう感じ2009年、夢中でRuise Bを立ち上げました。
だからこそ現在も商社は使わず、あえてリスキーなオリジナル商品を現地で作り続けています。



過去には別な取り組みで得たお金を
東日本大震災やフィリピン台風等に寄付した事もありました。


何故寄付をするのか?それには理由があります。


途上国というと「支援される一方」と思われがちですが、
東日本大震災の時にはルワンダから1000万円もの支援を日本は受けたのです。


支援は助け合いだと、この時ルワンダから学ばせてもらいました。




本当に世界には草の根で素晴らしい支援を行っている日本人が多いのです。
それらを事を多くの方にRuise Bらしく伝え続けたいと思っています。


●商品を購入して下さったお客様

●商品を作る現地生産者 

●更に支援を必要としている世界の人々


これらに、目には見えなくとも地道に「繋がり」を持たせてゆきたい。
そうすれば、それが延いては国境を超えた「平和」に繋がってゆく気がするのです。


ルワンダのRuise B生産者も人助けが大好きな人々です。
物質的には決して豊かではありませんが、他人を助ける豊かな心を持っています。



最後に、


この度、Ruise Bでお買い物下さった皆様や、
各イベントに参加下さった方々の善意が重なり合って
ルワンダ人 1人の人生を変えるお手伝ができました。
皆様には是非、参加者の一員として誇りに感じて頂ければと思います。



今後も更なる繋がりを信じて、地道に活動を続けて参ります。
ご参加下さった皆様に心から感謝申し上げます。



DSC05672.jpg
IMG_0343.jpg
<写真提供/ムリンディワンラブプロジェクト>(写真は一例です)



Ruise B 代表取締役 小澤里恵

No.259 / たまには真面目に // PageTop▲

 Home