Ruise Bの日々
アフリカでオリジナル製品を作るRuise B (ルイズビィ)小澤のブログです。静岡七間町にお店があります。


プロフィール


ruiseb

Author:ruiseb
FC2ブログへようこそ!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (147)
お店のことや色々 (25)
アフリカのこと (7)
たまには真面目に (15)
メディア 講演会 (27)
イベントのお知らせ (10)
プライベート (20)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


2010.05.27  日本国内への支援 <<11:31





松屋銀座でのフェアも、盛況のうち無事12日に終了致しました。
会場にお越しくださいましたお客様、本当にありがとうございました。
沢山の励ましのお言葉を頂きましたこと、本当に感謝申し上げます。

色々なお話をさせて頂く中で、「ルワンダってまだ危険なんでしょう?」と頻繁に聞かれました。
今でも「ルワンダ=内戦」という印象を持たれている方が多いようですが、実は私も最初はそうでした。
ルワンダには過去、とても悲惨な内戦があったことは事実です。
Ruise Bの商品は、その内戦の被害者である女性達が作っているバスケットなのですが、
実際に彼女達に会ってみると、決してジメジメしていないのです。
アフリカと言うとどうしても、暗くて貧しいイメージが先行しがちですし
確かに物質的には日本のように豊かではありません。
ですが人々はとても明るく、性格も大らかで、何よりも前向きに生きています。
心の中の傷は見えないけれど、本当に明るい笑顔で、強くてたくましいなぁ、と感心しました。
そうした人々の力強さが、このバスケットやアガセチェの魅力を引き上げていると思うのです。
そんなルワンダの素敵な一面を、Ruise Bの商品を通して皆さんにお伝え出来たら、とても嬉しく思います。

こんなこともありました。
ある女性のお客様が、商品を手に取り熱心にご覧になっていた時のことです。
「素敵なバスケットね。サイズも好みなんだけど・・・」と間を置かれて、
「でも、やっぱり日本の物を買わなきゃ!って思うの、日本人だから。」
ニコニコしながら「これ、とても魅力的だけど・・・ごめんなさいね」と言ってお帰りになられました。
何の反論もありません。ああ、生の声だな~と、印象深く心に残っています。

この仕事を始めてから否応なく、
「国際協力」「支援」「フェアトレード」という言葉が身の回りに急接近してきました。
それまでは全くと言っていいほど無縁だったこれらの言葉・・・
うまく言えないのですが、個人的にはこれらはもっと「気軽」でいいのではないかと思っています。
「これはフェアトレードですか?」と聞かれれば、「はい」と 自信を持ってお答え出来ますが、
時にはそればかりが重要視されてしまっている気がするのです。
商品である以上、売る側も買う側も「素敵だな」と思えることはもっとも大切ですし、
「支援」が目的の募金ではありません。商品の魅力が第一ですし、そこには自信を持っております。
お客様に購入して頂いた結果が「支援」などに繋がっていれば、それこそが自然だと思うのです。
国産の物を買いたいなぁと思いつつも、予算の関係で安価な外国産を買ってしまう時もあります。
日本の素晴らしい物に出会ってしまい、少し背伸びしてでも買うことだってあります。
私だけでなく、そんな自然なスタイルで買い物している人が大半だと思うのです。

ボンヤリとではありますが、この仕事を始めて利益が出たら何かしたいな…って思っていました。
先ほど紹介した、今回のフェアでお会いしたお客様の印象深いお言葉で思い立ったのですが、
日本国内の問題だって大切だなと考えさせられました。
宮崎県の「口蹄疫」などは、何だか人ごとには思えません。
殺処分決定している家畜にも餌を与え続けているという畜産家の方がいると知り、せつなくて涙が出ます。
自分に置き換えれば、今まで指導して来た織り子さん達が突然いなくなってしまうという事で…
大切なパートナーを失うなんて、とても考えられません。

今回好評だった松屋銀座店でのフェアにおける利益から5%を宮崎県に寄付したいと思います。
ルワンダの女性達にもこの事をちゃんと報告します。
「支援される」だけでなく、「支援する」事が出来たという事を、きっと喜んでくれると思います。
頑張れ宮崎!!頑張ろうルワンダ!

000140217.jpg



No.50 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>