Ruise Bの日々
アフリカでオリジナル製品を作るRuise B (ルイズビィ)小澤のブログです。静岡七間町にお店があります。


プロフィール


ruiseb

Author:ruiseb
FC2ブログへようこそ!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (147)
お店のことや色々 (25)
アフリカのこと (7)
たまには真面目に (15)
メディア 講演会 (27)
イベントのお知らせ (10)
プライベート (20)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


2010.04.12  アフリカのイメージ <<14:16


先日「ルワンダ」のお隣の国「ウガンダ」を取り上げたTVを見ました。
現地で井戸を掘ったり、学校で給食が作れる様にかまどを作ったり、
どちらも60代の年配の日本人が行なっていて、すごい体力と気力だなぁ!と感心しました。

実際に現地へ足を運んでみると、自分が抱いていたアフリカのイメージが、
いかに狭く偏ったものだったか思い知るものです。
アフリカ=大草原!ではなかったし、アフリカ=暑い! これも違った。
その辺にシマウマやキリンが歩いている訳でもないし(笑)
気候も治安も貧困も、同じアフリカでも国によって全く違う。
私だってまだケニアとルワンダにしか行っていないし、ルワンダの事だってまだまだ知らない事ばかり。
でもTVを見ていて、やっぱりアフリカの子供はかわいいなあ、って再認識しました。
「アフリカの子供は目がキラキラしている」とか、コテコテな台詞を時に聞いたりしますが、
それはどうなんだろう?と、かなり疑念を持っていました。
「日本の子供だってかわいい!違いは無いはず」だと。私も二児の母ですし(笑)
でも実際にアフリカの子供に会ってみて・・・何だかやっぱり違うんだなコレが!
肌の色の違いもあるのだろうけれど、実際に目がキラキラしている!
素直な目でじーっと見つめられて、そのかわいらしさに完全ノックアウトなのです。
織り子の女性達の子供は、その家庭にはお金はないだろうけれど、
元気一杯、好奇心旺盛で、実に幸せそうだ。
これも「お金がない=不幸」という、私の一方的で勝手な物差しでしかなかったわけだ。
しかし親としては、やはり子供のためにある程度の現金は必要だと感じている様子で、
なるべく沢山の仕事をしたい!でも昔から根付いている、ゆったりした生活習慣は簡単には
変えられないのでしょう。
現地での指導のお陰で生産スピードは上がってきているだけに、
こちらとしても歯がゆいものがあるのですが…
このノンビリとした仕事のリズムは、アフリカ特有の「アフリカ時間」と諦めてしまいがちで、
うっかりしているとこちらが向こうのペースに合わせる事になりかねない。
でもこれは間違っていて、正当な金額で取引しているのだから、
対等に要望を出さないと失礼だとも考えています。

日本でビジネスを行う上で、「納期」はものすごく重要です。
でも現実に今だって、ルワンダから届くはずの荷物が届かなくて本当に困っています。
先月末に搬出してるのに・・・
せっかく織り子さん達の意識が変わってきて凄くいい流れなのに、
最終的に輸送なんかでつまずくなんて、ちょっと残念すぎる。
運送担当者に問い合わても「もう日本に届いているはずだよ」と言う。
何の根拠があって言っているのだろう?
ルワンダで教えてもらった「ナチワゾ」という言葉がある。
「問題ない」という意味で、現地の人がよく口にする言葉らしい。
「ナチワゾ、ナチワゾ、問題ないよ~、もうじき着くから~」
危機感ゼロで笑って言っている担当者の姿が思い浮かぶのだが・・・さて、どうしてくれようか。


No.46 / 未分類 // PageTop▲

 Home