Ruise Bの日々
アフリカでオリジナル製品を作るRuise B (ルイズビィ)小澤のブログです。静岡七間町にお店があります。


プロフィール


ruiseb

Author:ruiseb
FC2ブログへようこそ!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (147)
お店のことや色々 (25)
アフリカのこと (7)
たまには真面目に (15)
メディア 講演会 (27)
イベントのお知らせ (10)
プライベート (20)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.01.29  日本へ戻りました <<17:27


無事に帰国しました。
お陰様で帰ってからも休む暇なく忙しくしており、少々バテ気味です(笑)




これはケニアで連れて行って頂いたバック工房です。
素敵な商品に思わず夢中になりました。また行きたいなぁ…
なかなか洒落た帽子をかぶった職人さん、自分で作ったのでしょうか?


IMG_1778.jpgIMG_1776.jpg

ルワンダでは前回訪れることが出来なかった東州へ、3時間程の小旅行でした。
現地パートナーの三戸さんが取り組んでいる、バナナ繊維を使った製品も見る事が出来ました。
バナナの幹から取れる繊維は非常に良質なのだそうです。
Ruise B で扱うアガセチェやバスケッットはサイザルという麻繊維を使っていますが、
バナナ繊維はサイザルと比べると、抽出に大変な力が必要なんだそうです。


IMG_1775.jpg

さて、この人たちは・・・??
こんな風に何人かを荷台に乗せて走る車はよく見かけましたが、さすがにこれは乗せ過ぎでは…?
実は、彼らは内戦(ジェノサイド)時の囚人だそうで、労働に出かけた帰り道だとのこと。
これじゃあ逃げ出しちゃうでしょう !?と心配になってしまいますが、
コミュニティが密なルワンダでは、例え逃げたとしてもすぐに見つかってしまうそうです。
人と人との繋がり・・・日本とは違いますね。

この様な光景を見ると、あの悲惨な内戦は現実に起こったんだな…と改めて思います。
逆に言えばそれほど、今は平和で安全な国なのです。



No.41 / プライベート // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。